資産管理のすべてのメリットをあなたに

お電話でもお問い合わせをお待ちしております 03-3795-5153 弊社の定める休業日を除く平日 9:00~18:00

ご購入前のお問い合わせ 無料トライアル・資料請求

IT資産管理コラム

ご購入頂いたお客様へ

現物管理棚卸が会社に「効く」

他製品との比較による強みが豊富

ITAMのセールスポイントは、
「自由度の高さ」「一元管理」
貴社の運用を考慮した形でのご提案ができるのは
この2点が同時に揃っているITAMだからこそ。

ITAMが選ばれる理由をもっと見る

グラフ

ITAMの資料請求・もっと詳しいご説明をご希望の方はすぐにご連絡を!  資料請求・デモのご用命・その他お問い合わせはこちらから

ITAMで会社の基礎代謝力アップ

こんなお悩みはありませんか?

こんな時にITAM

物品の確認ができていないのに、保守契約を自動更新・・・。
これって本当に必要なの?

保守調達(更新)時に、対象資産の存在(利用)有無が確認できない。
未確認の状態で保守を調達できるのは無駄が発生しかねない。
何とかしたいのだが…。

ITAMに現物資産と保守契約情報を関連付けて登録!
保守更新時に対象資産のステータスを確認することができ、
必要な保守契約がすぐに分かった。

不要な保守を解約。
無駄なコストを削減できた!

ITAMの「解決事例」をもっと見る

こんな時にITAM

資産台帳は”サーバー単位”。でも、会計システムでは
“システム単位”で管理。棚卸時の突合作業がとても大変!

毎期末、固定資産の棚卸時に物品を確認している。
ところが、会計システム上の固定資産は資産台帳上の複数の物品を
まとめて1つで管理しているため、突合せがとても大変。
物品の棚卸も別にやっているし、もっと楽に棚卸できないの?

ITAMの物品情報に会計システム上の固定資産番号を登録。
資産台帳と帳簿を関連付けることで、重複した棚卸作業が
省略でき、棚卸にかかる過度な工数を減らすことができた。

システム毎のコスト情報を
常に把握できるようになった!

ITAMの「解決事例」をもっと見る