資産管理のすべてのメリットをあなたに

お電話でもお問い合わせをお待ちしております 03-3795-5153 弊社の定める休業日を除く平日 9:00~18:00

ご購入前のお問い合わせ 無料トライアル・資料請求

IT資産管理コラム

ご購入頂いたお客様へ

導入事例

HOME > 導入事例 > 株式会社アイスタイル様

株式会社アイスタイル様

上場企業としての管理体制の強化を実現

資産規模約200資産
機能資産管理、インベントリ、配布

ユーザープロフィール

アイスタイル様

右:執行役員 CTO 齋藤勇氏
左:コーポレートIT室 情報システムグループ
  マネージャー 久保賢一氏

 1999年設立。日本最大の美容系総合ポータルサイト「@cosme(アットコスメ)」を運営している。@cosme運営のほか、化粧品のECサイト「cosme.com」の運営、コスメショップ「@cosme store」も行っている。2012年からはサロン情報ポータルサイト「i spot」も姉妹サービス化し、従来のコスメ用品だけに留まらず美容全般のプラットフォームサービスを目指して成長を続けている。また、国内に留まらず、近年日本の美容商品の人気が高い中国への事業展開も開始している。

 美容総合ポータルサイト「@cosme」を運営するアイスタイル社。東京の本社では、サイトの運営を中心とした業務に対し、約200台のPCが使用されています。従来はExcelによる資産台帳を作成し、管理を行っていたアイスタイル社ですが、手作業での管理では情報の鮮度が落ちたりミスが発生するなど、工数がかかる一方で精度は低下してしまうという課題がありました。

 2012年3月の東証マザーズへの上場をきっかけとして社内の管理体制を強化するため、コアのIT資産統合管理ソリューション「ITAM」の導入を決定。社内のIT資産の管理精度を高め、管理工数の削減に成功しました。

導入前の課題課題の解決
IT資産台帳の更新が追いつかず、精度が低下ITAMを用いたインベントリ情報の収集により、PCの情報を適時把握
パッチ適用など、PCの管理・サポートにかかる工数の肥大化配布機能を活用し、IT資産管理にかかる工数を削減

マザーズ上場を機にIT資産管理ツール導入の検討を開始

 アイスタイル社(東京・港区)は、女性の絶大な支持を得ている日本最大の美容総合ポータルサイト「@cosme」をはじめ、ECや実店舗の運営も行う新進気鋭の会社です。
 アイスタイル社では、これまでPC資産はExcelで資産管理台帳を作成し、管理を行っていました。しかし、調達した直後はすぐに情報を入力するため問題がないものの、実際の運用に入ると更新の遅れや、情報入力のミスが発生し、台帳と現状のずれが広がっていきました。PCの設定情報等を収集するツールも作成するなど、努力は続けていたものの、台帳の精度が低下していることが課題となってしまいました。

 2012年3月の東証マザーズ上場を機に、社内の内部統制の一環として資産管理強化が必要となり、Excelでの台帳管理では体制として弱みがあることから、念願の資産管理ツールの導入へと踏み切りました。

 ITAMに決定した理由の第一は、クライアントPCにインストールするエージェントツールが軽快に動作すること、そして人事情報などのPC利用状況の履歴が管理できる機能があることだと久保氏は語ります。

 「資産管理に特化しているITAMはインベントリ情報を収集し、その場限りで終わらせるのではなく、人事情報や移動情報の履歴を保存し、資産と紐付けて管理できるという、他社製品には無かった点が気に入っています。また、使用する機能ごとに購入できるライセンス形態であり、スイート型の製品よりもコストが抑えられることも大きな強みでした。」(久保氏)
 アイスタイル社では2012年3月からITAMの導入をはじめ、翌4月から運用を開始しました。導入にあたっては、要件と実際の業務に対してのコンサルティングと運用教育の充実により、当初の構築スケジュールでは5月であった運用開始を、予定よりも1ヶ月早い4月から実際に開始できました。

アイスタイル社ITAM導入スケジュール

コンサルティングによる「狙い通り」のスムーズな運用

 アイスタイル社では、インベントリ収集に加え配布機能を使用しており、AdobeのReaderやFlashのパッチ配布など、バージョン管理に活用されています。また、アイスタイル社ではPC使用者に管理者権限を付与していないことから、PULL配布を利用し、社内で使用を許可したツールを必要に応じてITAM経由でのみダウンロードを可能としたことで、サポートの工数も削減でき、業務の手を止めない形でツールのインストールの実施と業務効率化を図っています。
 「狙い通りだった」と久保氏が語るのは、PCのインベントリ情報を管理者がいつでも把握でき、各種セキュリティパッチの適用状況、AdobeのReaderやFlashのバージョン情報を一般社員の手を止めなさせることなく確認できるようになったとのことです。

 エージェントの展開にあたって心配されていたPCの能率低下の発生はなく、「一般社員からはITAMを導入したことについて、まったく声が上がっていない」(久保氏)と、導入後も業務を滞らせることなく、スムーズに運用できていると語ります。
 ITAM導入後、IT資産管理の強化に続き、無線LANの管理強化を行っていたところだったので、Macアドレスも収集し一覧化できることから、ITAMで収集したインベントリ情報とアクセスポイントへの登録一覧を確認でき、「セキュリティチェックの面でも副次的な効果が上がりました」と久保氏は語ります。また、管理画面にWebコンソールを採用していることで、実際に管理画面を操作する担当者のPCにツールを別途インストールする必要がなく、管理画面の閲覧が特定のPCに限定されないITAMは担当者の変更についてもスムーズです。 「要件に対してマッチしているというだけでなく、よりよい運用のための『コツ』をコンサルタントが教えてくれたことが導入、運用をよりスムーズにしてくれました。サポートセンターもレスポンスが早く、安心できます。」(久保氏)
 アイスタイル社では、今後は資産管理対象をPC以外のIT資産などについても管理対象として展開していきたいと展望を語ります。

一覧に戻る