メインコンテンツに移動

 

  • header

 

DecisiveFactor_vol03

東証一部上場の充実した福利厚生としっかりした社内体制

 「システム開発をして、一般的に使われるものを作りたい」ということを軸に、就職活動を進めていました。
 コアのことは大学で開催された企業説明会で知りました。幅広い分野でシステム開発を手掛けていますし、ゼミの教授の勧めもあり不安を感じることもなく応募することができました。また、東証一部に上場しているので福利厚生や社内体制もしっかりしているだろうと思い、入社を決めました。

 

  • CurrentJobAndRewarding_vol03

はじめてのチームリーダーとしてシステムのリリースを経験

 現在はお客様先で物流系の管理システムを開発しています。最近、チームリーダーを任されるようになり、チームメンバーに指示をだしたりスケジュールの管理をするようになりました。
 システムのリリースが完了してテレビCMを見たとき、「自分が携わったんだ!」という感慨がとても大きかったです。
 自分にとって初めてチームリーダーを任された案件で、はじめは何をすればいいかわからず失敗を繰り返していました。ですが、メンバーの協力もあり無事にリリースをすることができました。私はこのシステムを実際に運用されているところを見ることはできませんが、無事に動作しているログなどを確認し、安心するとともに達成感を感じました。

  • WorkplaceAtmosphere_vol03

お客様とダイレクトに会話できる環境

 入社前のIT業界に対するイメージは「席が近い人と直接話さずチャットを使う」でした(笑)。しかし、実際には明るい雰囲気で会話が多い環境でした。
 現在は客先に常駐して業務を行っているため、お客様との距離が非常に近く、自分から「こういったものはどうですか?」と提案したときに「それいいですね」と反応が返ってくるときは、とてもうれしいです。(もちろんいつもいい反応ばかりではないですが)
 常駐しているお客様先はにぎやかで、1フロアに100人以上の方がいて、誰かしらの会話が聞こえるため質問もしやすく、直接会話することが多い現場です。繁忙期はかなり忙しく、(覚悟はしてましたが)残業も多いです(笑)。
 お客様と直接話をするのは最初はとても緊張していましたが、それは逆にお客様の要望をダイレクトに聞けるということですし、すぐに提案もできるということ。いまはそこが面白いと感じています。

 

career

1dayFlow_vol3

 

FutureGoals_vol03

ゆくゆくはプロジェクトマネージャーに

 お客様と上流の部分について話せる存在になりたいです。今は小規模なチームのリーダーですが、チームの規模を大きくし、より大きなシステム開発に携わったり大規模な案件を任されるようになると嬉しいです。ゆくゆくはプロジェクトマネージャーになって、さまざまなことにチャレンジしていきたいと思っています。

 


OtherEmployee

 

ページトップへ戻る