メインコンテンツに移動
情報利活用

Information utilization

業務データを新たな価値の創造に活用
運用目線で必要な情報を収集・統制管理・分析することで、
分散し埋もれていた知見を見つけ出し、新たなビジネス価値の創造に活用することができます。

コアが考える情報利活用とは?

事故等の報告から
要因を探り出せるようにしたい

スピーディな経営判断が
できるようになりたい

新たなビジネス価値の
創造につなげたい

お客様の運用におけるデータには様々な問題解決、およびビジネス戦略を考える上で大変有用な情報が含まれています。
運用目線で必要な情報を収集、管理、分析することで、分散し埋もれていた情報から新たな知見を見つけ出し、さらなるビジネス価値の創造に活用できます。
コアの情報利活用では、長年培ってきた豊富な経験とノウハウによって、まずお客様の運用をしっかりと把握することで、効果的なアウトプットをご提案します。

コアが考える情報利活用の流れ

情報の収集・入力

お客様の運用における紙文書の電子化や帳票イメージと同等の入力方式により、 データを効率よく収集・入力し、項目ごとに正規化して格納します。
データの重複登録や多重管理を回避し、入力作業の二度手間を抑制しながら 利活用しやすいデータが蓄積されるようになります。

情報の収集・入力

情報の統制管理

収集し正規化された情報に対して柔軟な検索や定型的な統計を行うことで、 管理業務と報告業務を効率化できます。
取り出す仕組みがあることで、効果的に情報を分析し活用できるようになります。

情報の統制管理

情報の分析

横断的なデータ検索と高度な分析ツールの活用によって、様々な角度からの分析が可能となり、新たな価値を発見するだけでなく、運用自体の効率化にもフィードバックできます。
蓄積データの十分な活用を支援します。

情報の収集・入力

お問い合わせ・ご相談

Contact

本サービスに関するお問い合わせやご相談等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

株式会社コア
プロダクトソリューションカンパニー 営業統括部
TEL 03-3795-5153 受付時間:平日10:00~17:00

情報利活用を支える「情報の保全」を実現する各種セキュリティ対策を取り揃えています。 コアグループのセキュリティソリューションは「セキュリティ対策」ページをご覧ください。

ページトップへ戻る