メインコンテンツに移動
Cohac∞ Chronosphere-DS

みちびき対応データ変換装置

    一覧を見る

    特長

    複数周波数・複数アンテナ同時対応GNSS向けのRFフロントエンド
    GNSSが放送する信号を最大6周波同時に記録。記録したRFデータから信号処理解析ソフトウェア(ソフトウェア受信機)を介して、GNSS観測値/エフェメリス情報の取得が可能。信号仕様の最下層からGNSS信号解析が可能。

     

    利用シーン・事例

    準天頂衛星みちびきの新信号仕様をいち早く調査

    みちびきから送信される、検証フェーズの信号を汎用受信機販売前に検証。ベースバンド信号そのものを記録することで、信号仕様の最下層から状態を調査しました。

    検証フェーズの信号とは?

     

    機能・スペック

    主な機能

    • GNSSが放送する電波からベースバンド信号を取りだし、A/D変換。
      変換後のデータはUSB3.0経由でPCに転送

    製品仕様

    RFモジュール

    • RFの載せ替えが容易なため、様々な環境でデータを取得
    • 最大で6つのRF入力端子を具備することが可能

     

    機器仕様

    本体サイズ W170×D170×H50[mm]
    筐体 アルミニウム製
    電源仕様 12V
    環境特性 0-40℃ (ただし結露しないこと)

     

    I/F・通信等

    入力 SMA-J
    USB Type-B(USB 3.0)

     

    提供形態

    製品単体 本体、電源アダプタ、取扱説明書

     

    動作環境

    • 弊社指定PC、お問い合わせください。

    購入形態

    HW RF数に応じて構成・価格が変動しますので、別途お問い合わせください。
    別売り 信号処理解析ソフトウェア
    ライセンス形態 別途お問い合わせください。

     

    導入支援

    導入の流れ
    • STEP1 お問い合わせ
    • STEP2 お打ち合わせ/調査・分析
    • STEP3 カスタム受信機開発
    • STEP4 実用化

    試験的な信号に対する解決が多いのでSTEP4の前に、DSと信号処理ソフトウェアの構成を提案、その後STEP4の実用化を見据えてHW化(カスタム受信機)を提案します。

    評価・トライアル
    • 貸出についてはご相談ください。
    • トライアルは行っておりません。
    システム構築・導入作業
    • お客様の利用環境に合わせたカスタマイズもご提案可能です。別途ご相談ください。
    • 推奨アンテナやスプリッター等の周辺機器も合わせてご提案します。
    操作トレーニング
    • お渡し時に操作方法をレクチャー致します。

     

    保守・サポート

    サービス内容
    • 1年間の電話/メール問い合わせを受け付けております。件数指定は特にありません。

     

    資料ダウンロード

     

    よくあるご質問

    QGNSSの観測値や航法メッセージは取得出来ますか。
    信号処理ソフトウェア(別売り)を用いることで取得できます。
    Q推奨している動作環境を教えて欲しい。
    屋内で推奨温度範囲(0~40℃)、振動の少ない場所へ設置してください。室外に設置したアンテナと接続し、電源コンセント(商用電源)から専用ACアダプタを用いてご利用ください。
    Q データ量はどれくらいですか。
    RFオプション数・サンプリング周波数の設定に依存します。
    RFが3つで初期設定の場合、40.96 Mbyte/秒(1時間147Gbyte)です。
    Q 複数個所に設置したアンテナから同時に取得したい。
    例えばL1帯に設定したRFモジュールを3つオプションとして選んでいただいた場合、3か所のアンテナからL1帯の信号を同時に記録できます。

     

    お問い合わせ・ご相談

    Contact

    本サービスに関するお問い合わせやご相談等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

     
    株式会社コア
    GNSSソリューションビジネスセンター
    TEL 044-989-5115 受付時間:9:00-17:00 土日祝は除く

     

    関連製品・サービス

     

    ページトップへ戻る