企業情報

マネジメント情報

女性活躍推進の取り組み

コアグループは年齢や性別を問わず、多様な人材が働きがいをもって、いきいきと活躍できるための取り組みを推進しております。特に育児や介護などをしながら活躍できる制度の整備や職場環境の実現を図り、あわせて社員一人ひとりの仕事や意識を見直し、両立支援に取り組んでいます。

I. 計画期間

第二期 2019年4月1日-2021年3月31日

II. 目標

「指導的地位に就く女性社員の割合を2%向上する」
第一期は1%の向上に留まりましたが、第二期も引き続き2%向上を目標といたします。

III. 施策
両立支援の整備

 第一期 実績

2016年度に「子の看護休暇」制度を拡充、取得しやすい環境を整備。
⇒ 取得件数は最終年度には当初の約3倍に増加。

育児のための短時間勤務、所定外労働の制限の対象を、3歳に満たない子を養育する社員から小学3年生までの子を養育する社員まで拡充。

育児・介護に関する社内の相談窓口を設置。

 第二期 施策

育児・介護に関する制度を見直し、より利用しやすい制度を実現する。

2019年度 子育て世代の社員が柔軟に取得できる育児時間制度の拡充

2020年度 介護のための短時間勤務制度の検討

ワークライフバランスの実現

 第一期 実績

所定外労働時間削減に向けての教育を実施。
⇒ 平均所定外労働時間が、2018年度は18.9時間/月へと減少。
⇒ ウェブ会議システムを活用したリモートワークの拡充。

 第二期 施策

所定外労働時間削減に対する目標と施策を事業所ごとに設定し、所定外労働時間の削減に対するきめ細やかな対応を行う。

2019年度- 所定外労働時間削減の教育の継続
女性がより活躍できる環境・風土の醸成

 第一期 実績

女性社員を対象にしたキャリア研修を実施。
⇒ 延べ45人の女性社員がキャリア研修に参加。

役員向けの女性活躍推進に伴う勉強会を開催。

 第二期 施策

育児やキャリアに関して気軽に相談ができる環境・風土を醸成する。

2019年度- 女性社員を部下に持つ上司を対象とした研修を拡充

2019年度- 育児休業者向けのセミナー/個別面談の実施を検討

女性社員の働き方に対する意識の向上や、キャリアに対する意欲や姿勢を養う。

2019年度- 女性社員を対象としたキャリア研修を拡充


コアグループでは、引き続き多様な人材が活躍できる環境づくりを目指し、継続して活動して参ります。

ページトップへ