トップページ採用情報社員紹介 システムエンジニア

採用情報 Recruiting Information

社員紹介

システムエンジニア


現在の仕事

現在はお客様先に常駐して海外向け勘定システム開発のテストと品質評価をしています。 それまでも同じお客様の国内勘定システム開発を経験していましたので、その経験の中で得た知識やスキルを頼りにされ、問題解決のお手伝いができた時はうれしく感じました。 仕事の流れは決まっていますが、内容自体は都度新しくなるので、興味が尽きません。案件ごとに学ぶことも多くありますが、そこに面白さを感じます。

仕事をしていてうれしかったことは?

私は入社して3年間は同じお客様先で、すでに設計されたものを開発していました。 入社後に携わる仕事の内容は、配属先や担当したプロジェクトによって大きく異なるので、同じ「システム開発」という仕事をしていてもその中身は人によってまちまちです。中には早い段階で設計をしていたり、複数のプロジェクトを経験していたりする同期もいます。 私自身は同じプロジェクトに3年携わり、プログラム開発は大体問題なくこなせるようになっていたものの、幅広い経験をしている同期に比べると自分の成長が止まってしまったような気がしていました。そのような中、初めて設計を担当した時はうれしかったです。(実際に設計をしてみるととても大変で9割は先輩の助言に頼って完成させました)その時、自分が成長していること、それと身につけるべきことがはっきりとわかりました。

コアはどんな会社?

就職活動開始時点では具体的な目標は定まっていませんでした。しかし、ものづくりがしたい、いろいろな業界のことを経験したい、という希望がありました。その二つを兼ねていると思ったのがシステム開発の仕事でした。システム開発といっても調べれば調べるほど多岐にわたるのですが、自分の希望と性格、適性で絞り込んだ結果、‘販系であること、⊂緡の開発をしていること、C羞企業であること、ど広い年代の社員がいることが主な条件になりました。調べた結果、い謀てはまる企業が少なかったので、とくにポイントになったかもしれません。 コアへの入社の決め手は、社内の人と会った時、比較的自然体で会話できたことです。アットホームな雰囲気といわれるものは本当にあるのだなと思いました。

皆さんへのメッセージ

あくまで「選ばれる」でなく「選ぶ」という意識が大切だと思います。その意識を持つことで、面接官などに自信をもって向き合えると思います。 また、仕事をしていて色々な会社の人を見てきた印象だと、同じ企業では似た雰囲気の人が多いです。なので、社内の雰囲気を知るために社員を訪問するのはとても有効だと思います。一緒に仕事をするかもしれないと思って話を聞いてみてください。 5年先10年先のご自身のために、よい社会人スタートとなるよう努力してほしいと思います。

ページトップへ