1. IoT関連ラインナップ > 
  2. ASURA® IoT(無線通信)評価ユニットシリーズ > 
  3. ASURA CSAC II

ASURA CSAC II

"原子時計が組込み基板に載る時代に"
IoTにおけるマシンタイムレベルでの高精度時刻同期ニーズに対応


ASURA CSAC:販売中
ASURA CSAC供2016年3月販売開始


Camellia ASURA

本製品は国立情報学研究所、筑波技術大学等の
実施しているSIPの研究開発成果を
一部活用しています。

特長

原子時計の確度と安定性を超小型・低電力で使用可能なチップスケール原子時計を搭載。水晶発振器を凌駕する精度はIoTと組み合わされて、新たな価値を創造します。

■高精度ハードウェアタイムスタンプ

  • FPGAによるハードウェアタイムスタンパを標準実装。
    センシングしたデータは正確なタイムスタンプが付与され、複数のIoT/M2M機器間のデータ時系列同期を実現。

■高精度クロックソース搭載

  • 屋外環境のGNSS、有線LAN環境のIEEE1588、遮蔽空間ではチップスケール原子時計と機器設置場所を考慮し、3種類のモジュール/ICを搭載。外部周波数標準の入力も備え、時刻同期性能の比較が可能。

■IoTプロトタイピング フレームワーク搭載

  • クラウドへ到達する前のセンサーデータストリームからイベントを検知して制御。クラウドを必須としないエッジ・ コンピューティングは即応性を必要とするアプリや小規模なIoTプロトタイピングに最適。Raspberry Piで稼働する豊富なOSSスタックがIoT開発を加速。

ハードウェア仕様

■製品仕様

入出力
  *センサボード使用時
  *外部トリガボード使用時
1PPS出力端子:1ch、1PPS入力端子:1ch、 GPSアンテナ入力端子:1ch
アナログ入力端子:3ch (±10V, 0〜10V, ±5V, 0〜5V) 
アナログ出力端子:2ch、アナログ入力端子:1ch
外部I/F USB2.0:2ch、 Ethernet:2ch (通信用:1ch, PTP用:1ch)
電源 単一12V/付属リチウムイオンバッテリ
基板構成 メインボード、アプリケーションボード、センサボード、外部トリガボード
付属品 電源アダプタ、GPSアクティブアンテナ、microSDカード、専用リチウムイオンバッテリ、プラットフォームソフトウェア(SDK)、サンプルアプリケーション
付属品(オプション) 専用ケース

■メインボード

CPU ルネサス エレクトロニクス社製 RZ/A1L 384MHz
FPGA Xilinx Spartan-6
RAM 128MB
ストレージ microSDカード 16GB
コネクタ FMC(LPC):1ch、JTAG
発振器 Microsemi CSAC SA.45s、TCXO
GNSS u-blox LEA-M8F
Ether-PHY TI DP83640
OS Linux

■アプリケーションボード

CPU BROADCOM社製 BCM2836 900MHz
RAM 1GB
Storage microSDカード 128GB
OS Linux

■センサボード(FMC)

16bit 加速度センサ STMicroelectronics LIS344ALH
24bit A/D変換 TI ADS1259

■外部トリガボード(FMC)

トリガ入力、トリガ出力、周波数可変クロック出力

※仕様と構成は予告なく変更する場合があります。

応用事例

■トリガ・クロック出力

  • 高精度な発振器を利用して、正確なタイミングでのトリガ出力や任意の周波数を出力することが可能。トリガ・クロック出力機能により、大型加速器における電子ビーム測定の高精度な時刻同期を実現。
鶏が・クロック出力イメージ

■構造物モニタリング

  • センサ情報と高精度なタイムスタンプによりインフラの異常をいち早く検知。コンクリート劣化診断のモニタリング装置として実証実験を開始。
構造物モニタリングイメージ

日本国外での利用や輸出販売について

日本国外での利用・販売には対応しておりません。

お急ぎの方はこちら
株式会社コア
エンベデッドソリューションカンパニー
営業統括部
TEL : 03-3795-5171
(お問い合わせ時間:10:00〜17:00、土日・祝日は除く)

ページトップへ