1. IoT関連ラインナップ > 
  2. ソリューション・SI事例

ソリューション・SI事例

有限会社小島商事様
『お試しクラウドキット』応用事例
<散水システム>
 画像説明

事業内容 公共および民間の造園緑化事業に係る植木の生産、卸売業
企業規模
(売上高、従業員数)
従業員数6名
所在地 神奈川県川崎市宮前区野川3099
画像説明

個人住宅から公共施設に至る、造園用の植木の栽培と事業者への卸売りを行っています。需要の多い植木生産や国内・海外の珍しい植木の買い付け、生産を行うなど、お客様の多様なニーズに手厚くお応えしています。
また、日本の風土や環境に適した植木の品種改良や新種生産、安定供給のための研究にも日夜努力を重ねています。
親子二代にわたる豊富な経験と知識、豊富な品揃え、小回りの利く販売体制で、植木に関するコンサルティングからアフターケアまで、トータルサポートを目指します。

問題の背景

  • 「限られた作業員で効率よく作業をこなせないものか」と常々思っていました。
    中でも効率の悪い作業は、植木への散水です。特に夏場の散水では、全ての植木にかかる時間が2人で対応しても1回2時間かかります。述べ4時間の作業軽減が課題でした。
  • 植木材料の需要が高まる中で、供給は減少傾向にあります。需要供給バランスを保つ一方で、品質も問われます。いかに生産性を上げ、植木のクオリティを向上させるかが目下の課題です。 クオリティ向上のためには、人の手で丹念に育てることが肝心です。作業のサポートという位置づけで一部の作業の自動化を検討していました。

導入前の課題

  • 現在手動で行っている作業を自動化したい。
       毎日の散水
       ビニールハウス内の換気
       ビニールハウス内の温度制御 等
  • 大規模投資をせずにスマートアグリを導入したい。

課題の解決

  • スマートフォンと、クラウドサーバを併用することで、離れた場所でもスマートフォンからワンタッチで楽々操作できました。
    また、散水の時刻設定や、設定後の変更も、専用のアプリケーション画面上で容易に操作できます。
  • 時刻の設定をするだけで、自動的に定時に散水できるようになり、散水作業に費やしていた時間を別の作業に割り振ることができるため、作業工程の改善につながりました。
  • 設備メーカのシステムの場合、数十万円かかるところ『お試しクラウドキット』をベースにすることで、クラウド利用料を含めても数万円で手軽に始めることができました。

事例PDFダウンロード

お急ぎの方はこちら
株式会社コア
エンベデッドソリューションカンパニー
営業統括部 ETベンダ担当
TEL:03-3795-5171
(お問い合わせ時間:10:00〜17:00、土日・祝日は除く)

ページトップへ