1. GNSS(衛星測位)ラインナップ > 
  2. L6デコーダ/多周波RFデータストリーマ

 |  L6デコーダ |  多周波RFデータストリーマ |

COHAC L6デコーダ -「みちびき」センチメータ補強信号受信機-

「みちびき」を使ったセンチメータ測位システムを構築可能
衛星信号だけで実現するため通信費や利用圏外の心配不要

特長

■センチメートル精度を実現するL6信号

  • 日本の測位衛星「みちびき」から配信されるセンチメータ級補強信号「L6信号」を受信し、精密測位に必要な補正情報を出力します。
  • 市販の多周波受信機との組み合わせで、地上通信インフラを必要としない衛星信号だけでの精密測位が実現可能です。

■当社技術のみで実現した純国産受信機

  • 基礎技術から国内で研究開発している純国産の受信機で、国産の測位衛星「みちびき」との組み合わせで、次世代の位置情報ソリューションを実現します。
  • 農機、自動車、鉄道、航空機など幅広い分野で実証実績があります。


ハードウェア仕様

【 主 な 仕 様 】
 対応信号  みちびき(QZSS#1-4):L6、L1C/A
 同時受信信号数  2衛星×2CH(L6D、L6E) *衛星手動切替
 ユーザI/F  Ethernet (結果出力)、USBシリアル (設定)
 出力フォーマット  MADOCA-PPP:RTCM3 SSR形式
 RAWデータ:オリジナル形式
 (追加オプションでCLAS対応予定)
 サイズ  200(W)×140(D)×60(H)mm *突起部除く
 電源  12V

*仕様と構成は予告なく変更する場合があります。

利用イメージ

利用イメージ

販売形態

  • 単品販売:L6デコーダ
    (お客様所有の多周波受信機と合わせて利用)
  • セット販売:L6デコーダ+多周波受信機+多周波アンテナ

日本国外での利用や輸出販売について

 現在整備中です。

COHAC 多周波RFデータストリーマ

GNSSが放送する信号をダウンコンバート後、A/D変換したデータをPCに記録する装置
GNSSの実証研究で、様々な用途に利用可能

特長

■多周波RFデータストリーマ

  • 最大6つのRFを搭載可能で、6周波のRF信号を同時に取得可能。
  • RF構成を変更することで、L1+LEX信号受信やL1+L2+L5などの多周波信号受信が可能。
  • 記録したRFデータはソフトウェア受信機などのアプリケーションで利用可能。
  • RFモジュールは取り外し可能なため、要望に合わせたRF構成に変更可能。

■各周波数帯ごとにRFモジュールをご用意

  • 対応信号:L1, L2, L5, L6, E1, E5, E6, B1, B2, B3, LEX。
    ※データ転送速度は最大150MB/Sec(理論値)


 

「準天頂衛星システム」Webサイトにて製品紹介中

 

「準天頂衛星への対応製品」紹介
「多周波RFデータストリーマ」

日本国外での利用や輸出販売について

 現在整備中です。

お急ぎの方はこちら
株式会社コア
エンベデッドソリューションカンパニー
営業統括部
TEL : 03-3795-5171
(お問い合わせ時間:10:00〜17:00、土日・祝日は除く)

ページトップへ