コア PLMソリューション部
コア PLMソリューション部 ホームに戻る
ソリューション
ソリューション
製品紹介
導入実績
パートナーシップ
クラウドサービス
お問い合せ
イベント/セミナー
サポート情報
プライバシーポリシー
ホームに戻る

コアグループホームページへ

製品紹介
 製品の機能
e-OpenPDM Seiban Edition
【Seiban Edition】は、以下のようなコンセプトを基に開発されたソリューション製品です。
 標準的な製品構成表(BOM)を作成管理し、受注時は標準構成から流用コピーして製品構成を
作成する。
    ⇒雛形をベースとすることにより設計効率・製品品質・見積精度が向上する。
         ※ 標準構成には標準的な製作期間や標準コストを管理しておく。
           また見積製番などを利用して、見積時点での見積BOMを作成する。
 大まかな製品構成が出来た時点で、製造/購買部門に計画を公開する。
          (仮部品表を生産系システムにデータ送信)
    ⇒生産側は納期を考慮して、製造・組立計画を早期に立てられる。(仮の生産日程を管理)
 生産系システムより出図〆切日程をフィードバック(日程データの受信)
    ⇒設計は出図〆切を考慮した出図計画が立てられ、また遅延要素を早期に発見できる。
     出図計画は製造や購買部門からも参照できるため、遅延対策も立てることができる。

 五月雨式に部品表(手配情報)を生産系システムにデータ送信する。
    ⇒長納期品や、組立作業初期に必要な品目から効率よく連携(手配依頼)することにより、
      入荷待ちなどの作業滞留時間を無くし全体納期を圧縮できる。
         
        ※ 製番部品表の各構成データにユニークIDを管理しますのでどの部品がどの部品に
         置き換わったかを簡便に把握できる仕組みになっています。
 生産系システム側で管理される品目単位の手配/入荷情報を定期的に取り込む。
    ⇒客先からの仕様変更依頼や納期問合せに対し、その可否や遅延状況を正確に回答できる。

 

Copyright © CORE PLM Solution Department All rights reserved.