コア PLMソリューション部
コア PLMソリューション部 ホームに戻る
ソリューション
ソリューション
製品紹介
導入実績
パートナーシップ
クラウドサービス
お問い合せ
関連製品
イベント/セミナー
サポート情報
プライバシーポリシー
ホームに戻る

コアグループホームページへ

導入事例
導入事例トップに戻る

【 事例@ 】 産業機械メーカー様における個別設計生産効率化の導入事例
PLM/PDM導入前の課題
短納期対応、コスト削減のため五月雨式手配の効率化及びミスの撲滅が必須
流用率が低く、都度設計による設計ミスが多い
プロジェクトの進捗把握が難しく、原価異常や進捗遅れに気付くのが遅れてしまう
複数システム(ホスト、CAD、生産管理、等)に重複入力が発生し間接業務コストが余分に発生
過去納入品に関する情報収集に労力がかかり非効率
PLM/PDMシステムの導入目的・ポイント
◆顧客ニーズに合わせた新図作成率は維持しながらも、機能部位の組合せである製品構成は流用
◆仮品番を用いた製品構成を初期段階(計画段階)で作成し五月雨式手配及び進捗把握を効率化
◆出図プロセスを完全電子化し、出図までの期間を半減
◆極力1つの画面で全ての作業が確認・実施できる工夫をし、システム利用者負担を軽減
導入PLM/PDMシステム概要

 

Copyright © CORE PLM Solution Department All rights reserved.