トップページニュース一覧「国際放送機器展(Inter BEE 2017)」出展のご案内【終了しました】

イベント/セミナー

「国際放送機器展(Inter BEE 2017)」出展のご案内【終了しました】

2017.11.07 更新

11月15日(水)から17日(金)の3日間、幕張メッセで開催される「国際放送機器展(Inter BEE 2017)」に株式会社ラムダシステムズが出展いたします。

「Inter BEE 2017」の詳細につきましては公式サイトを、株式会社ラムダシステムズの出展につきましては同社ホームページにて掲載中の『国際放送機器展(Inter BEE 2017)出展のご案内』をご覧下さい。

皆様のご来場、心よりお待ちしております。

展示会名称

国際放送機器展(Inter BEE 2017)

開催日

2017年11月15日(水)〜17日(金)  10:00-17:30
※17日(金)は17時まで

会場

幕張メッセ  ≫ アクセス
〒261-0023 千葉県千葉市美浜区中瀬2-1

ブース

展示ホール4  ブースNo.4205

入場料

無料(全来場者登録入場制)

出展内容

4K HDR対応テロップシステム GRID-ZERO
高精細映像を4Kテロップで演出するGRID-ZERO。その美しい描画を間近でご覧ください。
– HDR(High Dynamic Range) / WCG(Wide Color Gamut)に対応。
– SONY SR Live for HDRに対応 [NEW!!]
GRIDBOX
– 新フレームバッファ GRID-μ(ミュー)初出展 [NEW!!]
GRIDBOXを用いたテロップシステムの運用がより手頃に実現。
■GRID-VEGA向けビデオユニット拡張ボード IRIS(イリス) [NEW!!]
– マルチチャンネルスーパー送出を1枚のボードで。ビデオユニット効果などでユニークな画面演出を。
■テロップ受注システム[NEW!!]
– WEB発注システムや報道支援システム等、複数のシステムからの発注を共通の画面で管理。
■Neo・n × クラウド 活用提案 [参考出展]
– Amazon Web ServicesとGoogle Cloud Platformのパブリック・クラウドを用いたデモ
– テロップ作成編集ソフト『SceneEditor』と吉積情報(株)『Cmosy(クモシィ)』を連携した、テロップ素材のクラウド管理サービスの提案
■ノンリニア編集ソフト向けNeo・nプラグイン
EDIUS対応版 /Media Composer対応版 /Adobe Premiere Pro対応版の最新版を展示。
緊急情報速報システム e-Telop5
– 気象情報、交通情報などの外部データ連携例をご紹介致します。
■その他
– 新機能が追加され、さらに表現力が向上したテロップ素材の作成・編集ソフト『SceneEditor5』
– 便利な機能が追加された新しい『簡易スポーツ2』 /各種スポーツコーダ  等 出展予定
◆Inter BEE 2017の詳細につきましては、公式サイト(http://www.inter-bee.com/ja/)をご覧ください。

お問い合わせ先

株式会社ラムダシステムズ
東京本社
TEL:03-5787-3366(代)

関連リンク

株式会社ラムダシステムズ
http://www.lambda.co.jp

[ ←前のニュースへ ]  [ 次のニュースへ→ ]

ページトップへ