トップページニュース一覧『移植+パフォーマンス向上ハンズオンセミナー』 講師参加のお知らせ

イベント/セミナー

『移植+パフォーマンス向上ハンズオンセミナー』 講師参加のお知らせ

2014.06.04 更新

『移植+パフォーマンス向上ハンズオンセミナー』 講師参加のお知らせ

今年2月から3月にかけて開催された、当社・IARシステムズ社・ルネサスエレクトロニクス社共催セミナーである『移植+パフォーマンス向上ハンズオンセミナー』 が6月から9月にかけて再び開催されることになりました。

当セミナーは、これまでマイコン開発をされていて、はじめてMPUやARM Cortex-Aシリーズ開発に取り組まれる方の多くが戸惑うポイント(ドライバ/μITRONの移植)やパフォーマンス向上に有効なテクニックを伝授します。
ルネサス エレクトロニクス社製「SH2A」と「RZ/A1」のソフトウェア移植を題材に、実際に実機(RZ搭載評価 ボード)とEWARMを動かしながら、必要なソフト開発テクニックをわかりやすく解説いたします。

当社はその学習用基板として「桐ASURA」を提供し、同機を用いた開発テクニックを解説します。
【 講師 : 当社エンベデッドソリューションカンパニー 山岡 隆伸】

皆様のご来場、お待ちしております。

開催日

・2014年 6月18日(水) 10:30 〜 17:30
 [会場] ルネサス半導体トレーニングセンター 大阪会場(新大阪)

・2014年 6月25日(水) 10:30 〜 17:30
 [会場] ルネサス半導体トレーニングセンター 東京会場

・2014年 7月25日(金) 10:30 〜 17:30
 [会場] ルネサス半導体トレーニングセンター 東京会場

・2014年 9月 5日(金) 10:30 〜 17:30
 [会場] ルネサス半導体トレーニングセンター 東京会場

・2014年 9月17日(水) 10:30 〜 17:30
 [会場] ルネサス半導体トレーニングセンター 大阪会場(新大阪)

※各セミナーの詳細につきましては、
こちらをご覧ください。

費用

無料(事前登録制)

申し込み方法

お申込はこちらから

対象

・組込みソフトウェアエンジニア
 ※C言語によるマイコン開発経験必須
・特にMPUやARM Cortex-Aシリーズに関する情報収集を行っている方

■ルネサス エレクトロニクス社製「SH2A」、「RZ/A1」
「SH2A」
ルネサス エレクトロニクス社が開発した組込み機器向け32ビットRISCマイクロプロセッサーコアです。
同コアを使用した「SH7239シリーズ」はインバータ、AC servo、FA機器、太陽光発電、 測定装置等の制御マイコンとして活用されています。
「RZ/A1」
ARM社のCortex-A9を搭載したルネサス エレクトロニクス社製マイコンです。
10Mバイトの大容量RAMを搭載しているため、車載機器や産業機器、家電などのヒューマンマシンインタフェース(HMI)制御に適しています。

■「桐ASURA」
ルネサス エレクトロニクス社製「RZ/A1H」搭載のLCD評価・組込みプラットフォームです。
ミドルウェアを含めたトータルサポートで、基板開発作業とGUI開発作業の負荷を大幅に軽減します。

お問い合わせ先

株式会社コア エンベデッドソリューションカンパニー
営業統括部 ETベンダ担当
TEL:03-3795-5171

関連リンク

『移植+パフォーマンス向上ハンズオンセミナー』
(ルネサス エレクトロニクス株式会社サイト内)

[ ←前のニュースへ ]  [ 次のニュースへ→ ]

ページトップへ