トップページニュース一覧PLM(製品ライフサイクル管理)ソリューション事業でキヤノンITソリューションズ社と提携しました

ニュースリリース/お知らせ

PLM(製品ライフサイクル管理)ソリューション事業でキヤノンITソリューションズ社と提携しました

2008.12.16 更新

コア、PLMソリューション事業でキヤノンITソリューションズ社と提携
〜中堅・中小製造業向け販売を強化〜

株式会社コア(代表取締役社長:井手 祥司、本社:東京都世田谷区、以下コア)は、製造業向けPLMソリューション事業の一層の拡大に向けて、キヤノンITソリューションズ株式会社(代表取締役社長:武井 尭、本社:東京都港区、以下 キヤノンITソリューションズ)と販売パートナー契約を締結しました。これにより、キヤノンITソリューションズは当社製PLM/PDM(PLM: Product Lifecycle Management、PDM: Product Data Management)ソフトウェア「e-OpenPDM Collaboration Suite」の本格的な販売を2008年12月より開始します。

PLMは製品の企画から設計・開発、生産・製造・出荷・生産終了までの全過程を包括的に管理することで開発期間短縮、生産効率の向上等を目指す経営手法です。製品の短命化が進む中、競争力のある製品を競合他社に先駆けて市場投入することは製造業にとって至上命題です。

コアは、これまでSolidWorks等を中心としたCAD/CAM/CAE領域やALPHASE等の生産管理ソリューション分野で中堅・中小製造業を中心に営業展開してきたキヤノンITソリューションズとタイアップすることで、このマーケットにおいてよりスケーラビリティのある提案やサービス提供が可能と判断し、パートナーシップを結ぶこととなりました。
このため、コアはe-OpenPDMが従来より保有しているSolidWorks管理機能の更なる充実、ALPHASEとの連携機能の強化を図る計画です。また、最近急増している量産・受注生産混在形態の組立型中堅・中小製造業によりジャストフィットするよう、e-OpenPDM Seiban Editionをリリースし、ALPHASE連携によるコンカレントものづくり環境を強化します。

コアは、PLMソリューション事業における「e-OpenPDM Collaboration Suite」の製品ラインナップの拡充と生産管理ソリューションとの連携の強化を図り、3年後の製品売上10億円を目指します。

e-OpenPDM Seiban Edition について
e-OpenPDM Seiban Editionは、受注設計形態の製造業様向けの専用パッケージです。標準設計情報(標準BOM)と受注設計情報(製番BOM)の2種の情報を管理し、標準UNIT/ASSY構成を利用して、受注・製番毎の製品構成を作成管理する機能が用意されています。これにより標準設計部の反復利用が推進され、設計作業の大幅短縮、計画調達、生産性向上が図れます。

ALPHASE について
「ALPHASE(アルフェイズ)」は、キヤノンITソリューションズが開発・販売する生産管理の「見える化」を実現するAPSソリューションです。ALPHASEを導入することで、在庫や人員配置の適正化、タイムリーな資材調達を実現し、必要なものを必要なタイミングで生産することが可能になります。

お問い合わせ先

(製品関連)
株式会社コア プロダクトソリューションカンパニー 
PLMソリューション事業部 営業部 担当:小林
〒154-8552 東京都世田谷区三軒茶屋1-22-3
TEL:03-3795-5118 FAX:03-3795-6001

(広報関連)
株式会社コア 企画・広報部
〒154-8552 東京都世田谷区三軒茶屋1-22-3
TEL.03-3795-5111 FAX.03-3795-5129

[ ←前のニュースへ ]  [ 次のニュースへ→ ]

ページトップへ